シリコーンゴムのモノづくりサイト e4-rubber.com

貴社の”思い”をカタチにする、シリコーンゴム製品・合成ゴム製品のモノづくりネットワーク:e4-rubber.comへようこそ!

メールでのお問い合わせはこちら
TEL.06-6791-0600

〒547-0002 大阪市平野区加美東4-18-6
山森商事株式会社まで

ゴムとプラスチックの違い(その2)

ゴムとプラスチックの違い(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか続きがかけずにすいません。
といっても期待されてる方も少ないとは思いますが・・・・

さて、前回ゴムの特徴は

① ゴム弾性を持っている
② 熱硬化性である。

ではないかと、勝手に書いておりました。
で、今回はその続きです。

①ゴム弾性とは?
これは、ゴムのいわゆる伸びて戻る性能です。
ゴムは力を加えると変形し、その力を除くと元の形に戻ります。
その性質をゴム弾性といいます。また、そのような性能を持った
素材のことをゴム弾性体とも言います。
なんといっても、この性質がゴムのゴムたるゆえんと言ってもいいでしょう。

次に②熱硬化性。これは文字通り、熱で固まる(硬化する)性質のことです。
熱をかける前のゴム(生ゴムとも言います)は粘土のような感じで力を加えると変形しますが、力を除いても変形が戻りません。このような性質のことを可塑性といいます。
しかし、上記のようにゴムの一番の物理的な特性は伸びたら縮むこと。力をかけた結果、変形しても力を除去すれば元の形に戻ることです。
その物理的な特性を獲得させるために、型にはめて、うりゃうりゃと熱と圧力をかけると
化学変化を起こして硬化します(ここでいう「硬化」とは、硬さが上がることはもちろん、その型の形状に固定されることを意味します)。

そのような性質を熱硬化性といいます(もちろん樹脂(プラスチック)の中にもフェノール樹脂のように熱硬化性の樹脂もありますが)。
その結果、ゴムは粘土の様な物質ではなく、押したら変形するものの、力を除去すると元の形(金型で形状)に戻るような物質になるわけです。

それではプラスチックっていうのは?????

その内容は次回につづく。。。。
(引っ張ってすいません)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です